FXの醍醐味、レバレッジについて

安全な資産運用として、FXが人気を集めているそうです。
銀行で預ける外貨預金と違って、手数料がかからなかったり、売り注文ができるなど、儲けるチャンスがたくさんあるのが特徴です。
FXの醍醐味とも言えるのは、「レバレッジ」というシステムにあると言ってもいいでしょう。
レバレッジで高い倍率に設定することによって、少ない元手で大儲けできる可能性があります。
リスクがある投資方法なので失敗する方も多いですが、しっかりと勉強して冷静に取引をすれば、面白みを感じるところだと思います。
レバレッジの元手とは、最初にFX業者に渡す証拠金と呼ばれるお金のことを指します。
そして取引額の倍率を設定することで決めるのですが、この取引金額を証拠金で割った倍率のことを、レバレッジと呼びます。
たとえば、証拠金を100万円用意すると、レバレッジを2倍にすれば200万円分の取引ができます。
レバレッジを5倍にすれば500万円分の取引が、10倍にすると1000万円分の取引ができるのです。
為替が動くとこれが利益に繋がり、10万円の儲けのところが、レバレッジが10倍だと100万円の儲けに変わったりするのです。
もちろん、為替が予想と逆の方へ変動したら、これが損失となります。
10万円の損失でレバレッジ10倍に設定すると、これが100万円の損失に変わります。
とてもわかりやすいシステムですが、取引を始めたばかりの初心者の方は、やはりレバレッジは低めに設定するのが無難でしょう。

上級者に教わるFX成功方法 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.