fx取引と外貨預金の違い

fx取引を見ていくうえでよく比較されるものがあります。
その比較されるものとは一体何かと申しますと、外貨預金というものなのです。
外貨預金とfx取引は確かに似ているのになっています。
FX取引が外国為替と取引をしていくものになっています。
海外預金は外国為替を購入しうて預金をしていくというものになっています。
外国為替を購入していくという意味では一緒になっているのです。
一方で、一緒ではない部分もあります。
それは金利というものです。
外国為替はメインに金利というものも存在しています。
日本円で預金していましても全く金利がつきませんので、外国為替で預金をしていくことになっているのです。
日本はゼロ金利となっているのですが、海外によりましては金利が5パーセント近くあるようなところもあるのです。
ですので、金利で儲ける事をメインにしています。
こちらも為替差益なども多少は狙っていくのですが、長期的に預金をしておきませんと金利がつきませんので、あまり預金の出し入れはしないものになっています。
一方で、fx取引ですが、為替差益をもちろん狙うのですが、金利も狙えるようになっています。
しかも外貨預金よりもかなり金利が取得しやすくなっているのです。
前記しましたが外貨預金の場合には、長期的に預金しておきませんと金利が発生をしません。
一方で、fx取引は日割り計算で金利をいただけるようになっているのです。
金利が低い通貨から金利が高い通貨を購入してポジションを得ますと、金利を得ていくことになりますので、そういったシステムを有効に利用していくといいでしょう。
ちなみにfxの金利の考え方なのですが、0.1パーセントの金利の通貨で5.0パーセントの金利の通貨を購入したとします。
そしてそのポジションを所有したままにしますと、5.0パーセントから0.1パーセントをマイナスした4.9パーセントの年利を、日割り計算して頂けるというシステムになっています。
1週間保有したなら、7日分の金利がいただけるのです。

上級者に教わるFX成功方法 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.