損切りって難しい

私はFX歴半年ほどのほぼ初心者といえるトレーダーなのですが、最近トレードをしていてよく感じるのが「損切りのタイミンが難しい」ということ。
つい最近も損切りのタイミングが遅れてしまい、一日で3万円近い損失を出してしまいました。
FXをやったことがないという人も読んでいるかもしれないので一応説明しておくと、損切りとは損失のある状態で取引を確定させてしまうことを言います。
FXをやっていると自分の意に反して為替が動くこともよくあり、そのまま放っておくと大きな損失につながることもあります。
そこで、大きな損失になる前に損失を確定してしまって傷口をなるべく広げないように行うものです。
しかし、この損失を確定するっていう行為はなかなか勇気がいるんです。
というのも、たとえ相場の悪化により含み損が出ていたとしても、売らずにそのまま持ち続けていれば動きが反転して利益が生まれる可能性だってゼロではないわけです。
しかし、そうとは分かっていても大きな傷になる前に泣く泣く損失を確定しなくてはならないわけですから。
最近は、この損切りのタイミングをどう判断するかばかり考えています。
以前購入した本に書かれていた「ゴールデンクロス」だとか「デッドクロス」だとかを復習しながらあれこれ考えてみたりすのですが、こういったことはツールがすべてやってくれるので、実際はあんまり意味がなかったりするんですよね。
損切りがある程度上手にできるようになると初心者卒業だと言われますが、私の場合、あとどれくらいで初心者から抜け出すことができるのでしょうか。

上級者に教わるFX成功方法 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.